先日、くらしを耕す会の白うさぎについて、開発ストーリーを中心にアップしました。
こちらでもご紹介。


くらしを耕す会のシンプルなネルのナプキン。
無漂白・無化学処理の綿100%ネルを使用しています。
四角い布を折りたたんで使うプレーンタイプです。

布ナプキン

くらしを耕す会とは?
1989年3月に、50人に満たない会員数でスタートしました。
地元(愛知県内)で生産された季節の野菜を、それぞれの農家で箱に詰め合わせ、会員宅に個別宅配で届けるやり方は設立当初から変わっていません。
以来、地域自給をキーワードに、生産者や産地をスタッフが直接訪ねて確かめながら、提携米、調味料、生鮮品、生活用品と扱い品を少しずつ増やしてきました。
畑の広さや、生産者・会員・スタッフのいい関係を保つことを考えると、あまり大きくはしないで、現在の会員数(約600人)くらいがちょうどいい規模だと考えています。


膨大なゴミをなんとかしたい
「生理のたびに出るゴミを減らしたい」という気持ちから、くらしを耕す会は布ナプキンへの取り組みを始めました。
当時の市販品は高価なものばかり。
ならば作ろう!と、何度か試作をくり返し、1998年に白うさぎの布ナプキンの原型ができあがりました。


両面起毛のふんわり仕上げ
1999年には、エコ・ナプキンの普及活動をしていた角張光子さんと共同で繊維会社に交渉し、漂白剤や蛍光材を使用しない生地を開発しました。
両面をしっかり起毛してあるんどえ、肌触りも良く、肌への負担も少なくなりました。


無化学処理の実現でより高品質に
2008年春からは、合成界面活性剤による洗浄をやめ、湯洗いのみにしました。
綿が本来持っている油分が残っているため、使用前に石けんで洗っていただくことをお願いしています。



飾りっ気がなく、真面目な布ナプキンという印象があります。
そっけなさそうでいてあたたかい。
新しい白うさぎはふわっふわで肉厚です。
個人で8年くらい使っているものは薄くなってしまいましたが、吸収力はとても良く、より扱いやすくなりました。
シンプルな造りなので、長く使えます。


JUGEMテーマ:布ナプキン

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

布ナプキンショッピング

ショップ

布ナプキン・にほんブログ村

ブログ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM