熱湯で洗わないで下さい。
血液が凝固して落ちにくくなります。

使用後、出来ればすぐに洗濯が理想。
外出先ではすぐに洗濯することが無理なので、水を入れたスプレーで一吹きしておくと良いです。
血液は、乾くと落ちにくくなります。
スプレーの水にセスキ炭酸ソーダを溶かしておくと、よりお洗濯が楽になります。
気に入った香りのエッセンシャルオイルを1滴加えておくのも良いですね。
殺菌効果のあるティーツリーが人気です。

血液がついたまま、家族の洗濯物と一緒にしないで下さい。
手洗い、手すすぎの後、洗濯機を利用すると楽ですが、免疫不全のご家族がいらっしゃる方、気になる方は、別に洗いましょう。
つけ置き水や洗濯時の布ナプキンが、自分以外に触れないよう、気をつけて下さい。
もちろん布ナプキンの共用は厳禁です。

干す時は、形をよく整えましょう。
稀に「一度洗った後、くしゃくしゃになったのですが、どうしてですか?」という質問があります。
ハンカチやシャツなどと同様、脱水後、そのまま干すと、皺が残ります。
また、組み合わせられた布の縮率が違うことが多いので、洗った後に肌面と下着面の大きさが異なることもありますが、ご使用に問題はありません。
形を整えると、整えない状態よりも乾きも早いですよ。
洗濯
柔軟剤は避けて下さい。
布の表面に膜を張り、血液の吸収を妨げてしまいます。
使えないことはないのですが、出来れば不使用がモレも防げます。

日光によく当てて、しっかり乾かしましょう。
乾燥に長時間かかると、雑菌が繁殖します。
気持ち良く、繰り返し使用出来るよう、風通しの良いところがお勧め。
乾燥が十分でないと、ニオイも発生してしまいます。

色々と書きましたが、乾燥や形を整える点は、普段身につける衣類も同じですね。
乾いた布ナプキンをしまう時、わたしは何となく幸せで、翌月も待ち遠しくなります。

JUGEMテーマ:布ナプキン

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

布ナプキンショッピング

ショップ

布ナプキン・にほんブログ村

ブログ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM