多くの方に、生理中の嫌なにおいが、布ナプキンを使うようになってなくなった、と言われます。
わたしは、布ナプキンを使い始めて10年ほど。
それ以前、気にしたこと、なかったような…。
トイレに使用済みナプキン入れを置いた生活もしたことがなかったのもあります(生まれ育った実家でも)。

年寄りと一緒に生活していたので、加齢臭なんて、嫌悪ではなく安心の感覚でした。
そもそも「加齢臭」というのも、2001年に生まれた言葉なんですよね。

なので、お客様の喜びについて、理解できていなかった気がして
「生理中 におい」
で、検索してみました。

Googleで約 1,190,000 件ヒットしました。
すごい!!
「布ナプキン」での検索は約 587,000 件です。

スキンケア大学というサイトでアヴェニューウィメンズクリニック院長 福山千代子先生が「気になる生理中の臭いの原因」記事を監修されており、いろいろと納得しました。

生理時には血液のように見える経血の実際の血液の割合が10%ぐらいであることを知りました。
残りの約90%は、子宮内膜や膣からの分泌物なのだそうです。
排出されたばかりの経血は無臭なのだそうです。
時間が経つにつれて酸化され、においが感じられ、そして雑菌が繁殖することで強くなるのだそうです。

雑菌が繁殖する原因はムレ。
布ナプキンでも、雑菌は繁殖すると思います。
それでも通気性はかなり違うはずなので、蒸れが軽減され、においもなくなるのでしょうか。
そういえば、使い捨てのナプキンでは、かゆくてかゆくて仕方なく、いつもかぶれていたという方々(中学生の女の子も)から、布ナプキンにしてから、全然違う、熟睡できるようになったと喜びの報告も多いです。
これも蒸れが原因ですよね。

布ナプキンに限らず、絆創膏などで傷口を塞いでいると蒸れて、におうことがあります。
同じですね。


生理終わりの方の経血は落ちにくい。
これは、少量の経血が排出されにくく、長い時間、膣にとどまってしまうからだそうです。
そのため、酸化され、雑菌が繁殖して、経血の色も鮮やかさがなくなるようです。
どうしても落ちにくい場合は、アルカリウォッシュを酸素系漂白剤にかえて、つけ置くと良いですよ。
ゴシゴシこすると、生地が傷んでしまいます。
酸素系漂白剤は、色柄ものにも使えます。




おりもの用の布ナプキン(防水なし)。
市販の使い捨てと比べれば、ムレはかなり違いそう。
布ナプキン

JUGEMテーマ:布ナプキン

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

布ナプキンショッピング

ショップ

布ナプキン・にほんブログ村

ブログ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM